ブランディッシュ3(PC-9801版・Windows10対応版)がプロジェクトEGGにて配信開始!

ProjectEGG更新情報 | 2018.10.31
2018年10月30日より、プロジェクトEGGにて『ブランディッシュ3(PC-9801版・Windows10対応版)』の配信が開始しました。

『ブランディッシュ3(PC-9801版・Windows10対応版)』
http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?contcode=7&product_id=1489

 本作は1994年にリリースされたアクションRPG。『ブランディッシュ』シリーズの三作目にあたる作品で、流浪の剣士アレス・トラーノスを主人公とした三部作の完結編となります。

 今回も前作と同様の(良い意味で)癖のある操作性を採用しています。これは画面上の主人公の位置は固定で、向きを変えると周囲のグラフィックが回転するというもの。カーナビのノースアップを想像するとわかりやすいでしょう。ちなみにこのシステムのおかげで、立ち止まって画面を回し、物陰を確認するなどの視界の妙が楽しめるようになっています。最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れることでしょう。

 また、本作の大きな魅力はマルチキャラクターシナリオシステム。今回はアレスだけでなく、おなじみのドーラ・ドロン、『2』の闘技場に登場した女武闘家アンバー・ガルシア、おなじく『2』のボスキャラ、忍者マスターを元にした謎の暗殺者ジンザこと尾白甚左衛門の四人からプレイヤーキャラクターを選択可能。シナリオも四者四様に変化して多角的にブランディッシュ3の世界を堪能できます。

 今回の新要素としては、ジャンプ攻撃や溜め攻撃などの追加でよりバトルが楽しめるようになったことです。“毒”や“錯乱”といった状態変化(やそれらの予防)による戦闘の臨場感の強化、フィールド上での雨や霧などの天候変化といった視覚的な刺激、ショップでは神聖力の付加や魔法アイテムの強化といった武器の強化などがあり、前作以上に手に汗握る冒険が楽しめるようになっています。

 ほかにもオートマッピング機能は拡大画面が用意され、よりマーキングしやすいものになり、オート移動では障害物の自動回避や自動戦闘の設定も可能となっており、より快適なプレイが体験できることでしょう。

 なお、前作までのストーリーを知っているとニヤリとできる部分もあるので、可能であればシリーズ通してのプレイをオススメします。はたして、流浪の剣士アレス・トラーノスを主人公とした三部作はどのような完結を迎えるのでしょうか。


プロジェクトEGGで配信中のその他ファルコム作品はゲーム資料館でも紹介していますのでご覧になってみてくださいね!

レトロゲーム総合配信サイト『プロジェクトEGG』
https://www.amusement-center.com/project/egg/