ソードダンサー

  • ¥1100
  • ¥550
  • 30% ACポイント還元

2022.11.24 配信

EGG 21th

 トゥーラ国の北にあるオルトウ山の麓にスザクという村落があった。村には、1つの神話が伝わっていた。世界創生のとき、善き龍と悪しき龍が戦って悪しき龍が封印されたという伝説である。伝説に語られた“白き善き龍”は神の使いとして崇められ、人々の信仰の対象となっていた。龍の声を聞くことができる巫女が、その言葉を民達に伝え、人々は、そのお陰で平和に暮らしていた。スザクには、龍の巫女と、彼女を守る戦士の一団があった。白き善き龍の言葉を聞き、未来を予言する巫女は、他の国々から狙われる運命にあった。その時、戦士達は命を捨てて巫女達を守った。まるで舞う様に剣を使う彼等を、人々は“SWORD DANCER”と呼んだ…。

 本作は1992年にリリースされたアクションRPG。プレイヤーはソードダンサーの一人ヒエン(飛燕)となって、何者かにさらわれた巫女セツナを探す冒険に出発することになります。

 ゲームでは探索はトップビュー、バトルはランダムエンカウントのサイドビューアクションゲームを採用。特にモンスターとのバトルは本作の真骨頂ともいえる要素で、格闘ゲームさながらの軽快なアクションが堪能できます。ジャンプ、立ち技、しゃがみ技、垂直ジャンプ技、斜めジャンプ技、特殊技、防御などを駆使してモンスターと戦いましょう。なおバトルで操作するキャラはリーダーとなりますので、シチュエーションに応じてリーダーを変更することも忘れずに……。

 壮大なストーリーが楽しめる本編はもちろんですが、プレイヤー同士の対戦が楽しめる「対戦モード」、ゲーム中に登場したモンスターと戦える「モンスターアタックモード」など、アクションRPGの面白さを存分に楽しませてくれる本作、日本らしいRPGと当時ブームとなっていた格闘ゲームを融合させた贅沢なタイトルといっても過言ではありません。

©ENTERGRAM

特典など:

PDFマニュアル 付属

動作環境:

Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)
Windows10(Windows10 Mobile、Windows10 IoTを除く)
Windows11(ARMを除く)

キーボード対応
Windows標準ゲームパッド(オプション)
クイックセーブ・ロード機能