配信ゲーム : 商品詳細

飛龍の拳II ドラゴンの翼

発売年
1988年
メーカー
カルチャーブレーンエクセル
機種
FC
ジャンル
アクション
リリース
2018-09-11
価格
500円(税抜)
 龍飛峰で生まれ育った少年、龍飛、その育ての親、寿安老師は暗黒界の手先”龍の牙”に殺され、飛龍の拳の奥義書を奪われてしまう。

 龍飛は、少林寺貫主・元涯のもとで拳士としての修業を積み、”龍の牙”の挑戦を受け、異種格闘技世界大会に出場。ついに、敵の総統・フーズ・フーを倒し、”龍の牙”の世界征服の野望を打ち破った。

 …4年の歳月が流れ、龍飛峰は修業に励む青年、龍飛の姿があった。ある夜、龍飛は謎の軍団の襲撃を受けた。あの”龍の牙軍団”が復活したのだ!敵と闘ううちに、輝く宝珠を手に入れ、少林寺へと戻った龍飛に、元涯貫主は最終修業房”唐仙房”へ行くよう命じる。そこには、風刹・炎刹・羅漢の3人の不思議な僧侶がいた。龍飛は次々と奥義を会得し、最後の相手・羅漢との闘いの中で、自分が龍戦士である事に目覚め、天界の力”法力”を授かるのだった。

 羅漢は古の書物”封魔真教”を取り出すと、その中に記された―龍神伝説―を龍飛に語った。

「はるか昔、暗黒界の大魔神が天界へ侵略し、この世は大戦争の渦に巻き込まれた。天界の英雄・龍天大聖は曼陀羅の力で大魔神を封印し、暗黒界を打ち破った。が、しかし…大魔神は復活の予言をした。龍天大聖は、大魔神復活にそなえて、5人の龍戦士を地上に使わしたのじゃ。 今、曼陀羅は敵の手にある!龍飛よ、バラバラにされた曼陀羅を完成させ、蘇りつつある大魔神を再び封印するのじゃ!!」

 …そして、龍飛の新たなる闘いが始まる…。

 本作は1988年にリリースされた格闘アクション。プレイヤーは龍飛となって、復活した龍の牙と戦うこととなります。

 ゲームは、大きく分けてRPGモード、アクションモード、対戦モードがあり、アクションモードはノーマルとハードの2種類の難度が選べるようになっています。

 本作はアクションゲームや格闘ゲームなどの要素がふんだんに盛り込まれています。中でも特にユニークなのが心眼システム。これはボスと戦う際に敵の上中下段に表示されるマークを狙って攻撃を繰り出し、自分の上中下段に表示されるマークを防御するというもの。シンプルながらも格闘ゲームのような駆け引きが楽しめるシステムとして、当時高い評価となりました。

 また今回からは法力や龍戦士への変身といった要素も盛り込まれ、前作以上に派手な戦いが楽しめるようになっています。今回は5人の仲間も登場し、より派手に戦えるようになった本作。格闘ゲームに興味がある人であれば、誰でも楽しめる秀作です。

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows7 SP1
Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)
Windows10(Windows10 Mobile、Windows10 IoTを除く)