配信ゲーム : 商品詳細

黄金の羅針盤 翔洋丸桑港航路殺人事件

発売年
1990年
メーカー
リバーヒルソフト
機種
X68000
ジャンル
アドベンチャー
リリース
2015-06-16
価格
500円(税抜)
 一九二三年、某月--。船は、桑港を出港した。翔洋丸、一万三千トン。半年の外遊を終えた藤堂龍之介は、太平洋を横浜に向かうこの船の上にあった。島影一つ見えないはるかな大海原を一筋の白い航跡を残しながら船は、西を目指して進み続けた。しかし、安らかな航海は果てしなく続くかのように見えたが、すでにその船上では秘められた殺意の羅針盤が、ゆっくりと誰かに向かって動きはじめていた……。

 本作は1990年にリリースされたアドベンチャーゲーム。藤堂龍之介探偵日記シリーズの第二弾にあたる作品で『琥珀色の遺言』の続編になります。ゲームは大正時代をテーマにしており、サンフランシスコ発、横浜行きの豪華客船・翔太洋丸を舞台に、甲板の樽から白骨死体が見つかったことで事件の幕があがります。そしてプレイヤーは偶然乗り合わせた私立探偵の藤堂龍之介として事件の解決に乗り出すことになります。

 本作ではコマンド選択方式を採用しており、直観的なプレイが可能。航行中の豪華客船という閉鎖された環境の中で。推理を働かせて捜査を行い、犯人を絞り込んでいく、大人のストーリーが楽しめることでしょう。またストーリーの進行とともに次第に横浜に近づくという演出を採用しており、最終的には横浜港に到着しますが……。もちろん、今回の配信はX68000版なのでオープニングなどもきれいなものに仕上がっています。

動作環境

Windows Vista SP2/ Windows7 SP1/
Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)