配信ゲーム : 商品詳細

A列車で行こう4

発売年
1994年
メーカー
アートディンク
機種
PC-9801
ジャンル
シミュレーション
リリース
2014-08-19
価格
900円(税抜)
500円(税抜)
 1994年にリリースされたシミュレーションゲーム。前作『III』のパワーアップ版で、プレイヤーは鉄道会社のオーナーとなって鉄道会社を経営に手腕を振るい、利益を上げながら都市を発展させていきます。

 ゲームには練習ステージ、拓けた都市用地、足場の悪い山岳地帯、肥大してしまった都市の4つが用意されてています。前作と同様に、どのマップでも線路の敷設、鉄道の運行スケジュールの調整などを通して街の鉄道網を整備し、ホテルなど施設を建設することで収入を上げていくことに……。もちろん、資金がゼロにればゲームオーバーになるのでご注意を。

 今回の注目点としては、より複雑な路線が敷設可能になったことが挙げられます。前作までの線路といえば平面な線路のみでしたが、今回から高架線や立体交差が登場したことで、高さを活かした複雑な線路の敷設が可能となり、路線を構築する楽しみや、眺める楽しみ倍増したといってもいいでしょう。ほかにも新要素としてバスやモノレールの運行などもできるようになり、プレイやーがその気になれば、列車、モノレール、バスなどを用いた一大路線網を築く面白さも体験できます。ちなみに設定できる車両は最大で30編成、バスは20台までとなっており、これらがチョコマカと走り回る様は、実ににぎやかで目を楽しませてくれるはずです。

 それから、眺めるという点では視点変更などもパワーアップ。ヘイトカットビュー(ある高さを断面表示)や、サテライト分割システム(ウインドウを分割して別々の地点を同時表示)など機能により、様々な視点で都市を眺めたり、スムーズなゲームプレイが楽しめたりします。

 本作は『A列車で行こう』シリーズの中でも多くのファンから支持されたタイトルで、後にリリースされる『A列車で行こう7』は、本作をベースに開発された作品であることはファンの間ではよく知られています。日本ソフトウェア大賞『ゲームソフト部門最優秀賞』、日経WinPC読者が選ぶパソコン・ベスト・ソフト『WINDOWSゲームソフト部門BEST SOFT賞』など輝かしい成績にも輝いた本作、箱庭シミュレーションが好きな方なら、ぜひともプレイしていただきたい作品です。

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows Vista SP2 / Windows7 SP1 /
Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)/
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)