EGGMUSIC

PSYVARIAR "THE MIX" -Remixer's Interview 知る"THE MIX"-


名前

chibi-tech

所属

psycho.somatic.generator /
Hexadecibel

ホームページ

http://www.nanjamonja.com/

軽く自己紹介などお願いできますでしょうか。

こんにちは! カリフォルニアのベイエリアに住んでいる、chibi-techといいます。さまざまなスタイルやテクニックを駆使して音楽を作っていますが、よくこだわっているのはチップチューンとか、制限のある音源ですね。こだわる理由は、どんな音源がどう機能するのかってことを学んで好奇心を満たすためとか……ときには市販ゲーム向けに制作することもあります! でも、愛情込めて作った常識はずれな曲で、友人たちに笑ってもらったり拍手してもらったりするのが楽しいからっていうのが、いちばん大きいかな。

今回『サイヴァリア』のリミックスをしてみていかがでしたか。また、こだわった部分などありましたら教えてください。

なんか全体的に聴き覚えのあるテクニックが満載だなあ……と感じた方、正しいです! テクノソフトの『サンダーフォース』(セガ メガドライブ/ジェネシス)から 音色を拝借してます。「もし『サイヴァリア』の前作にあたるゲームが、16-bit機時代のテクノソフトから生まれていたら、あの痛快ヘヴィメタル・ロックが入っていたに違いない」などと勝手に空想してみました。

音楽的なところでは、むかしAMIGA A3000 + Protrackerで聴きまくったオールド・メタル・スタイルのMODに近づきたいという野心が、かなりありました。オールドスクール・デモシーンに精通したトラッカー・オタクなら、Frederic Motte (El Mobo) とか Tor Gausen (Walkman) を、どうしようもないくらい参考にしてるなあ、と気づくことでしょう。両者ともテンポとムードをドラマティックに変化させることで有名ですからね。

PSGからアコースティックな音源まで、自由自在に使いこなすchibi-techさんですが、今回FM音源を選択したのは何故でしょう?

最近ふたたびFM音源の音楽に触れるようになって、どれほど素晴らしい音を出せるものか、改めて気付かされたんです。いちばん思い入れがあるのはNESのPSGですが、隣の友達ん家でセガジェネシスをプレイしていたことも、いい思い出なんですよね。

その友達は、たまたま『サンダーフォースIII』を持ってたんです。クリアしたくて何日間も彼の家で午後を過ごしました。『サンダーフォースIV』のことや、さらなる技術向上を遂げたその音楽を知ったのは、わりと最近です。FMパワーギターのファンタスティックな打ち込みは、見て見ぬふりなんてできないくらい好奇心をそそるものでした。だから今回『サイヴァリア』のリミックスにあたって、あの個性的なヘヴィメタル・FMスタイルで行こうと決めたわけです ;)

まもなく『サンダーフォースVI』が出ますね。

とっても楽しみです! シリーズ新作の機運が高まってからずいぶん待ったように思いますが(ここに至るまでの困難を理解していれば、なおのこと)、2DスクロールSTGのファンであり続けてきた身としては、ただもう喜ばずにはいられない朗報ですよね。

今回のリミックスでの使用機材を教えて下さい。

シーケンスは全部Renoiseで打ち込み、FM音源の音色はVOPMというVSTiで奏でています。それをLogic Proで軽く調整しました。アイデアを練るにあたっては、ストラップを付けて「ショルキー」コントローラーにしたヤマハDX100が役立ちました。自分のDTM部屋でバカみたいに踊りながら、それを弾いてたんですよ(w

最後に、日本のゲーム音楽リスナーにひとことお願いします。

年内には他にもいろいろリリースされる予定なんですが、ひとつヒントを……。「聴いて楽しい素敵なほら貝が、砂浜から届くでしょう ;)」

それから、とあるツンデレ少女に協力してもらって、「ピコピコアタック」が復活、リベンジします。ひとまずこれらにご期待ください!

Thanks for your contribution from California! Please introduce yourself briefly.

Hi! I'm chibi-tech from the Bay Area of California. I compose tunes for all sorts of styles & techniques, though I often emphasize on chiptunes and limited sound sources. Sometimes it's to satisfy my curiosity of learning how different sound sources work. Sometimes they're even for published videogames! But often it's because I enjoy making all my friends either laugh at or applaud the unorthodox material that I love to create.

How did you feel on remixing Psyvariar? Also, let me know any notable points you emphasized./h6>

If the overall technique sounds oddly familiar, you're definitely correct! The instrumentation is from Tecnosoft's Thunderforce IV for the SEGA MEGADRIVE/GENESIS. When creating the remix, I pretended that Psyvariar had a 16-bit prequel handled by Tecnosoft, and that it would include the heavy metal rockout techniques that the company was well-known for.

Melodically-speaking, much ambition came from old metal-style tracker MODs that I used to endlessly listen to in my AMIGA A3000 + Protracker. Oldschool demoscene tracker nerds may recognize some overwhelming references to Frederic Motte (El Mobo) and Tor Gausen (Walkman), as their tunes were also known for their dramatic changes in tempo & mood.

Despite the fact that you're very skillful at wide range of music style from NES to orthodox acoustics, why did you focus on FM synthesizer music this time?

Recently I re-visited FM music and reminded myself on how amazing they can sound like. Although my fondest memories come from the NES & its PSG, I still had nice recollections of playing my neighbor/friend's SEGA GENESIS when I was younger. Coincidentally he had Thunder Force III, which I've spent a couple of afternoon days trying to conquer. Recently I discovered Thunder Force IV and its technically-improved music. Hearing the fantastically-programmed power guitar FM instruments were too tempting for my curiosity to ignore. So then it was decided that I would remix Psyvariar's music into the distinctive heavy metal FM style. ;)

"Thunder Force VI" was officially announced just after you finished your remix ;) What do you feel about that?

I'm looking very forward to it! I feel that the series was long-overdue for a new game (especially when understanding the past difficulties that the developers have experienced). Being a continuing fan of 2D scrolling STG games, it is only inevitable as good news.

Let me know your equipments for the remix.

All sequencing was done on Renoise, using VOPM as a shared VSTi resource amongst all the FM instruments. Minor post-production was done in Logic Pro. Ideas were devised with the help from a YAMAHA DX100 strapped as a 'shoulkey' controller -- all while foolishly dancing across my DTM workspace. (w

Give any message to Japanese video game music listeners.

There will be more material released for the remainder of 2008. As a hint to everyone: The beach will bring nice conch shells for you to place your ears next to. ;)

Also the picopico attack will return for revenge -- with the help of a certain 'tsundere' girl. In any case, please look forward to them!

© 2008 SUCCESS Corporation
© 2008 D4Enterprise Co.,Ltd
HOME