EGGパッケージ

D4エンタープライズ創立15周年記念CD-ROM 1,500枚限定生産
 今回D4エンタープライズ創立15周年を記念して、弊社にて権利所有しているゲームタイトルから80年代に人気を博した名作RPG 7作品をひとつにまとめた『ALL ABOUT D4Enterprise 15th ANNIVERSARY SPECIAL DISC』を制作致しました。

こちらは『ACTIVE SIMULATION WAR DAIVA CHRONICLE RE: (以下DAIVA CHRONICLE RE:)』をご購入(AC-MALL事前予約含む)の先着1,500名様に特典としてお送りする非売品CD-ROMとなります。

本CD-ROMに収録されているタイトルは、体験版などではなく全て当時そのまま最後までプレイできるバージョンにて収録されております。
古き良き80年代、当時プレイしていたあの名作たちを今再びプレイしてみてはいかがでしょうか。

配布対象

『DAIVA CHRONICLE RE:』をご購入の先着1,500名様 (AC-MALL事前予約含む)
『DAIVA CHRONICLE RE:』購入はこちらから
(※ 1,500枚限定生産の為、無くなり次第配布終了となりますのでご了承下さい。)

収録作品

1984
コスモスコンピューター作品
カレイジアスペルセウス画像1 カレイジアスペルセウス画像2 カレイジアスペルセウス画像3
『カレイジアスペルセウス』(PC-8801版)
 本作は1984年にリリースされたロールプレイングゲーム。主人公は勇者ペルセウスとなって、ゴルゴンに支配された魔の島を舞台に、美の女神を救うための冒険をすることになります。
 敵を倒したり、アイテムを獲得したりして、体力を増やしながら冒険をすることになります。またアクションRPGらしく敵に体当たりをして戦うのですが、主人公の強さで倒せる敵は決まっており、倒せる敵(種族)を見つけ出して順番に倒しながらゲームを進めていきます。
 12星座に関連するアイテムをすべて手に入れるか、3体の女神像を手に入れればゲームはクリアー。少々クセはありますが、国産アクションRPGの黎明期に生まれた秀作として、ぜひともチャレンジしてほしい作品です。
クリスタルソフト作品
夢幻の心臓画像1 夢幻の心臓画像2 夢幻の心臓画像3
『夢幻の心臓』(PC-8801版)
 本作は1984年にリリースされたロールプレイングゲーム。プレイヤーは、天国でも地獄でもない夢幻界に落とされてしまった勇者となって、夢幻界から脱出するため、「夢幻の心臓」というアイテムを探す冒険をします。
 なお、冒険には期限があり、インゲームで3万日を超えるとゲームオーバーとなります。
 ゲームはトップビューのフィールドと、一人称視点のダンジョンで表現されており、ランダムエンカウントでモンスターとのバトルが発生。コマンド選択方式の戦闘を行うことになります。
 前述したようにゲームに期限があることはもちろんですが、冒険はセーブではなく中断になっていることから、ゲームの難度は比較的高めとなっています。
 当時、本格派のロールプレイングゲームとして話題となった本作、骨太で手ごたえのあるレトロRPGを遊んでみたい方にはおすすめといえるかもしれません。
1985
T&E SOFT作品
ハイドライド画像1 ハイドライド画像2 ハイドライド画像3
『ハイドライド』(PC-8801版)
 本作は1984年にリリースされたアクションRPG。
 プレイヤーは勇敢な若者ジムを操作して失われた宝石を取り戻し、悪魔バラリスを倒してフェリーランドの平和を取り戻すことになります。
 当時、アクティブRPGと称されていたことからもわかるように、本作ではアクション性がキモ。プレイヤーは攻撃モードと防御モードを切り替ながらジムをモンスターに体当たりさせて戦うことになります。
 モンスターを倒せば経験値が手に入り、経験値を溜めることでジムはレベルアップしてより強くなっていきます。
 またジムが傷ついてしまったときは、平地などで休ませることで自動的に体力が回復する仕組みとなっています。
システムサコム作品
メルヘンヴェール画像1 メルヘンヴェール画像2 メルヘンヴェール画像3
『メルヘンヴェール』(PC-8801版)
 本作は1985年にリリースされたアクションRPG。プレイヤーは世界の果てへと飛ばされてしまったばかりか、その姿を怪物にされてしまった湖の王子となって、愛する姫が待つフェリクスへと旅を続けることになります。
 ゲームはトップビューのステージ制となっており、各地でモンスターと戦いながら話を進めることになります。王子の武器は剣から放つ魔力のみ。これを駆使して敵を倒して行きましょう。
 ちなみに、魔力は前方のみに発射できるので、攻撃時は位置をよく考えて使いましょう。冒険中に新しい剣を入手することでより強力な魔力を発射できるようになります。
 それから崖に落ちそうになった場合は、すばやくキーを連打することで復活できます。ボーッとしていると落下してしまうので注意!
1986
ウインキーソフト作品
ロストパワー画像1 ロストパワー画像2 ロストパワー画像3
『ロストパワー』(PC-8801版)
 本作は1986年にリリースされたロールプレイングゲーム。プレイヤーは哀れみをかけた弱小モンスターに騙されて、力を失ってしまった魔王タイザーとなり、再び魔王の座に返り咲く冒険をします。
 ゲームはトップビューで、戦闘はエンカウント方式。戦闘は基本的にコマンド選択方式ではあるものの、先に複数のコマンドを入力して眺めるという、少々独特なシステムを採用しています。
 敵に勝利することでアイテムが入手できたり、敵を食らって自分をパワーアップしたりできます。
 物語が進むことでタイザーは次第に力を取り戻し、その容姿が人間から怪物へと変化していくあたりは本作らしい演出。果たしてタイザーは復讐を果たし、魔王の座に返り咲くことはできるのでしょうか。
ボーステック作品
RELICS画像1 RELICS画像2 RELICS画像3
『RELICS』(PC-8801版)
 本作は1986年にボーステックから発売されたアクションアドベンチャーゲームです。突如、海中より現れた遺跡に、精神体として漂っていた主人公。なぜ精神体になっていたのか、主人公は何をしないといけないのか等の説明はなく、遺跡内の探索を進める事で、おぼろげに状況が見えてきます。
 本作では倒した相手に憑依するスピリットライドというシステムがひとつの見所。憑依した肉体によって、攻撃方法や耐久力は異なるので、探索を続ける上でどの生物に憑依するかが攻略のカギとなります。さらに自分の行動によって入手できるアイテムが変化したり、ストーリー展開やエンディングが変わったりするので、遺跡内の探索をどのように進めていくかは、プレイヤー次第。あれこれ試行錯誤できるところは、本作ならではの楽しみといえるでしょう。
 世界観を盛り上げるための演出も熱く、SF色豊かなキャラクターデザインや、人間型キャラクターの重厚な動き、効果的に入る波の音等、映画的な要素はゲームを否応なしに盛り上げてくれることでしょう。ちなみにオープニングとエンディングの音楽は、なんとクリスタルキングが担当しており、当時大きな話題となりました。  なお今回収録するPC-8801版はPC-9801版とは異なり、画面はスクロール方式ではなく切り替え方式を採用しています。そのため、敵との戦闘がからむようなシーンでは、PC-9801版などよりも難しい戦いを強いられることもあります。ある意味、手応えという意味ではPC-9801版よりも上かもしれません。
1987
コンパイル作品
魔王ゴルベリアス画像1 魔王ゴルベリアス画像2 魔王ゴルベリアス画像3
『魔王ゴルベリアス』(MSX版)
 本作は1987年にリリースされたアクションRPG。プレイヤーはケレシスとなって、様々な冒険をすることになります。
 本作の特徴はコンパイルらしいユニークなノリはもちろん、シーンに応じてトップビュー、縦スクロール、横スクロールになるなど臨機応変に画面が切り替わること。
 このシステムのおかげで、プレイヤーは飽きることなく新鮮な気持ちでプレイできます。
 少々変わったシステムで好評となり、続編などもリリースされた本作。シンプルで気軽に遊べるアクションRPGを求めている人にはオススメです。