ProjectEGG

レトロゲーム シューティングセレクション

本キャンペーンは終了しました。
レトロゲーム シューティングセレクション
対象期間 2013.04.23〜2013.05.07

イライラモヤモヤしているそこのアナタ! ストレス解消といえばスカッとシューティングゲーム!  と、いうわけで今回プロジェクトEGGで配信しているタイトルの中から、シューティング関連77タイトルをラインナップ!  以下対象タイトルはACポイント還元率が30%に大幅アップ!

もちろん今回紹介したものだけでなくプロジェクトEGGでは約700本以のレトロゲームを配信中! 是非お楽しみください。

キャンペーン対象タイトル
キャンペーンタイトルピックアップレビュー

レイドック(MSX2版)

『レイドック』はT&Eソフトさんの縦スクロールシューティングとして発売されました。

当時のキャッチコピーが「魅せてあげよう、1ドットのエクスタシー!」というもので、MSX2の機能を生かしたハードウェア縦スクロールや1ドット単位の当たり判定が特徴的でしたね。

またこのゲーム、ただのシューティングではなくレベルアップが必要なのです。

レベルアップにより特殊装備をゲットし、ステージを攻略していくRPG要素も含んでいます。

2P同時プレーでないと利用できない兵器もありますので、ぜひカップルやご家族、友人とお楽しみ下さい。

ガイアレス(メガドライブ版)

当時、PCエンジン陣営で活躍していたTELENETの突然のメガドライブ参入と、第一弾タイトルの発表に当時のメガドライバーは驚きを隠せませんでした。

CD-ROM媒体ではなくROM媒体で、社が得意としていたビジュアルシーン満載のゲームを発売できるのか...

メガドライバー注目の中発売された完全オリジナルタイトル「ガイアレス」は、適度なビジュアルシーンと、敵の武器を習得しつつステージ攻略法を考えるゲーム性、ハードな難易度で驚きの中迎えられました。

プロジェクトEGGでの配信に際し、瞬間セーブ機能とゲーム速度調整機能がありますので、当時苦しめられたメガドライバーのみなさんも、思い出に浸りつつ安心してプレーして頂けます。

そしてエンディングに到達したらあえて言おう、「リュアーヌはおれの嫁」と。

シルフィード(PC-8801版)

 『シルフィード』では、業界空前と思われる高速3Dポリゴン処理にて、今までにない奥行きのあるビジュアルを実現、また軽快なBGMと共にテンポの良いゲーム性で、熱狂的ユーザを生みました。

また、ゲーム中は音声合成を多数利用しザカリテが「ワタシハウチュウノテイオウザカリテ...」の声と共にプレイヤーに語りかけるシーンは、当時のパソコンゲームユーザの心をがっちりつかみましたね。

当時中学生だった私は、近所の電気屋さんの店頭でPC-8801版『シルフィード』をプレーして楽しんだり、部活の友達同士でザカリテの声まねをしたものです。

メタルスラッグ(NEOGEO版)

 まず、目にするのはドット絵で描写された派手な爆炎ではないでしょうか。そして画面を見てみるとドット絵のキャラクター達が常に動き続けている印象を受けませんでしたか?

それが簡単なレバーとボタンの操作で動くのですから、子供だけでなく大人でも夢中で遊べるゲームに仕上ている訳です。

夢中になるからこそ「うおぉぉー」とボタンを連打したり、やられた時に「うわー」など口から漏れることがあるのですが、このくらい役になりきって遊ぶのであればそれはもう、広い意味でのロールプレイになっていると言っても過言ではないでしょう。

ファランクス(X68000版)

 X68000といえば強力なスプライトやBG機能・同時発色数やADPCM等で他の国産PCとは異なる魅力がありましたが、その機能をフルに生かしたゲームを続々発売したメーカーがZOOMさんです。

そのZOOMの中でも代表的なシューティングといえば『ファランクス』です。

『ファランクス』といえばみなさんステージ1が印象深いかとおもいますが(私だけかも?)ファーストステージから容赦のない敵の難易度、映画ブレードランナーのOPのような近未来風背景が多重スクロールしまくり、まさに多重スクロール盛り! シューターならば燃えない訳にはいかないでしょう。

HOME