配信ゲーム : 商品詳細

SUPERヴァリス 赤き月の乙女

発売年
1992年
メーカー
サンソフト (日本テレネット)
機種
SFC
ジャンル
アクション
リリース
2018-06-19
価格
500円(税抜)
 天に赤き魔幻の月…赤き月から魔幻衆復活する。今、闘いの鐘が鳴る……。

 本作は1992年にリリースされたアクションゲーム。『ヴァリスIV』の移植版であり、プレイヤーは主人公のレナとなって、世界征服の野望を抱く魔幻衆の王ガルギアの軍勢と戦うことになります。

 ゲームは、同シリーズではおなじみのサイドビューを採用。攻撃、ダッシュ、ジャンプ、アイテムなどを駆使して戦うことになります。ちなみに本作からはボンバー攻撃が可能となり、当時はアクションゲーム初のボンバー採用!というコピーで話題となりました。

 ステージは戦場の夢幻界、廃墟のバニティ城、バビロンの空中庭園、ヴァルハラなど全7つ。選んだ難度によって敵の攻撃は変化するため、難度を変更することで何回も楽しめることでしょう。

 オリジナルがPCEということもあって、その移植版である本作のビジュアルには定評があります。ゲームの難度もオリジナルより低いものとなっていますので、多くのアクションゲームファンが楽しめる内容に仕上がっているといっても過言ではないでしょう。

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows7 SP1
Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)
Windows10(Windows10 Mobile、Windows10 IoTを除く)