配信ゲーム : 商品詳細

ティル・ナ・ノーグ

発売年
1990年
メーカー
システムソフト
機種
MSX2
ジャンル
ロールプレイングゲーム
リリース
2014-06-17
価格
700円(税抜)
500円(税抜)
 「ティル・ナ・ノーグ」。それは全能の神の意志を受け、ダーナ神族が治めた常若の楽園。光と闇の狭間で、互いの交わりを打ち消さんがためにあった無数の国々。栄華を極めたダーナ神族も長き年月を経てその地位と力を失いつつあった。忍び寄る闇の影の前に、ティル・ナ・ノーグはなすすべもなく滅びるかのようにも見えた。だが勇敢に立ち上がった者たちもいた。ダーナでありながら、光の世界の英気を身を秘めた者達……。人々は彼等を英雄妖精と呼んだ。そして今、この国にも、一人の英雄妖精が現われたのだ。

 本作は1988年にリリースされたケルト神話をモチーフにしたRPG。ちなみにサブタイトルには『禁断の塔』がついており特にナンバリングはありませんが、ベースとなっているのは初代『ティル・ナ・ノーグ〜ダーナの末裔〜』ではなく、『ティル・ナ・ノーグII〜カオスの警鐘〜』となっています。

 主人公はダーナ神族の英雄妖精として世界を救う冒険に出発します。パーティは5人編成で戦闘はリアルタイム。全体命令や個別命令を出すこともできますがAIに任せたオートバトルも可能。各キャラクターが状況に合わせて戦う様は、なかなかに楽しめるものとなっています。またキャラクターが成長して魅力がアップすると動物などもパーティメンバーとなることもあり、ゲーム後半ではドラゴンなどと一緒に冒険することも可能です。

 なんといっても本作の最大の特徴は、シナリオジェネレーターによって、10億パターンのシナリオが楽しめるということでしょう。ちなみにシナリオコードを他のユーザーに教えることで同じシナリオを楽しむこともできます。  日本ではマイナーだったケルト神話を広めるきっかけとして一役買った本作は、シナリオジェネレーターや豊富なモンスターなど、いろいろな意味でエポックメイキングなエッセンスを秘めているRPGです。ビジュアルに派手さがないため、好みは別れるかもしれませんが、骨太なゴシックファンタジーを求める人には、自信を持っておススメしたい一作です。

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows Vista SP2 / Windows7 SP1 /
Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)