配信ゲーム:商品詳細

A列車で行こうIII

発売年
1993年
メーカー
アートディンク
機種
PCエンジン
ジャンル
シミュレーション
リリース
2020-01-21
価格
800円(税抜)
400円(税抜)
STAYHOME
 1993年にリリースされたシミュレーションゲーム。前作までの大統領列車を目的地まで進行させるという目的はなくなり、今作からはプレイヤーは鉄道会社の経営者となって、鉄道を中心とした都市の育成に乗り出すことになります。

 ゲームは線路や駅の敷設、車両の売買、ダイヤの作成といった鉄道の運営だけにとどまらず、デパート、ホテル、遊園地の設置や運営の他、不動産売買や株式投資、時には銀行からの借り入れや返済などを行ないながら、鉄道会社を経営することになります。

 ちなみに全ての施設を自分で建設する必要はなく、列車を走らせているだけでも町は駅を中心に自然に成長していきます。ほかにも昼夜や四季の概念などもあり、プレイとともに様々な顔を見せる町並みは、まるで生き物のように見えることでしょう。

 なお、今回のPCエンジン版ではプレイ中にBGMが流れるようになったほか、マップ数は3倍の18(PC-9801では6)にパワーアップ。さらにマップ1のレクチャーなども体験できるとのこと。ある種「A列車で行こうIII」の最終進化系といえるかもしれません。また本作はPCエンジンという家庭用向けハードで発売されたのもありコントローラー操作だけで操作は行えますが、マウスオペレーションにも対応しており今回のプロジェクトEGG配信版でもマウスが使用可能。これにより快適な操作で都市づくりに集中できます。

 1991年、1992年連続で“ログインベストヒットソフトウェア大賞シミュレーションゲーム賞”を、海外でも“EXCELLENCE IN SOFTWARE AWARDS Best Strategy Program”を受賞するなど、日本だけではなく世界に町作りと鉄道会社の運営の面白さを伝えた本作、その面白さは折り紙付きといっても過言ではありません。

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows8(Modern UIモード・WindowsRTを除く)
Windows8.1(Modern UIモード・WindowsRT8.1を除く)
Windows10(Windows10 Mobile、Windows10 IoTを除く)

マウス対応
キーボード対応
Windows標準ゲームパッド(オプション)
クイックセーブ・ロード機能