イースIII ワンダラーズフロムイース

“イースからの放浪者”をめぐる数奇な運命

 本作は1989年に『イース』シリーズの第三弾としてリリースされたアクションRPGである。本作は今でこそ『イースIII』の名称で親しまれているものの、初めのPC-8801版がリリースされた当時は『ワンダラーズ・フローム・イース(イースからの放浪者)』というタイトルであり、『イースIII』という名は含まれていなかった。どうしてナンバリングタイトル(正式な続編)とされなかったのか? そこには、『イース』をめぐる数奇な運命が織りなす模様が透けて見える。

  一つには、前作の『II』において、シリーズは一応の完結を見ていたということ。もともと『イース』とは、赤毛の剣士・アドル=クリスティンが記した100冊以上もの冒険日誌の一冊『失われし古代王国』という設定である。そして古代王国=イースにまつわる謎は『機戞塀章)〜『供戞丙能章)の中できれいに解き明かされているのだ。

  もちろん、『イース』をさ迷ったころのアドルは若干17歳にすぎず、冒険の旅はまだまだ続いただろう。それにしても、イースを後にしたアドルの物語であるから、本来なら『アドルIII』となるべきところ。このちょっとしたフシギは、後の『イース后戞淵泪縫絅▲詁癲砲砲董嵌爐梁緝重な冒険には、初心を大切にするという想いから、「イース」の冒険から数えていくつ目の挑戦であるかが表記されている」ということで決着している。

  もう一つの事情としては、『機戮筺II』からの直接の続編というには、『III』の見かけはあまりにかけ離れていたことが言えるだろう。前作2本はトップビュー(見下ろし)画面だったのに対して、今作はサイドビュー(横からの視点)。アクション性においても敵にぶつかっていく体当たり攻撃や、お馴染み「半キャラずらし」の得意技が使えなくなったのだから、スキルを磨いたユーザーほど揺れに揺れたのである。

  そうした配慮もあって、当初は“ワンダラーズ〜”という外伝的な位置づけにされたのだろう。しかし『イース』シリーズの真骨頂は、ゲーム・パラダイムの変革にこそあり。“今、RPGは優しさの時代へ”を宣言した第一作、“優しさから感動へ”をキャッチフレーズにした『II』に続き、この『III』もコンピュータRPGの枠組みを変えようとする意欲作だったのだ。

『イース』シリーズでは異色? サイドビューの豊かなアクション性

 あの「失われし古代王国」での激闘から約3年後、アドルは親友のドギとともに各地を旅していた。ある日、2人はドギの故郷・フェルガナ地方に関する不吉な噂を耳にし、不安を胸にしてかの地へと急ぐ。そこで目にしたのは、恐ろしい魔物が徘徊し、すっかり荒れ果ててしまったフェルガナだった。その背後には、この地方一帯に伝わる暴虐なる魔王・ガルバラン復活の予兆が……。

  操作方法は、前二作と似ていてテンキー四方向への移動を行う。それに加えて横スクロールアクションになってことで、攻撃とジャンプの2つが加わった。方向キーの左右で主人公のアドルを移動させ、上下で階段の上り下り。攻撃で剣を振ってモンスターを倒し、ジャンプして避けるのが基本の戦術である。

  さらに、これらキーの組合せによって多彩な攻撃が繰り出せる。ジャンプ中に↓キーで下突き、通常時に↓で姿勢を低くしてしゃがみ斬り、↑で頭上を飛ぶ敵に上突きなどなど。まっすぐ突進するシンプルな作りだった前作までと比べると、凝ったアクション性に重きを置いた変貌をとげている。

  アクション面での変更は、基本操作のみに留まらない。魔法およびMPが廃止され、代わりにリングパワーが導入(『I』であったものが『II』でなくなったので、正確には“復活”だが)。冒険中に手に入るリングを装備すると、リングパワーを消費することで、いろいろな効果を得られるというもの。しかも、前作までとは違い、今回はボス戦中でもインベントリー(装備)画面を開いてリングを装着できるので、リングパワーを溜めておいて一気に勝負を賭けられる。

  前作の『機戞II』たちが“偉大すぎる傑作”だっただけに、この『III』はシリーズ通じてのファンからも辛めの評価を下されがちである。前作までは精細な画面による豊かなストーリー性など、PCの利点を活かしており、ある意味ではPCゲームとしては“ホーム”といえた内容が、本作はPCが得意とはいえない「アウェイ」にあえて打って出ているのだ。家庭用ゲーム機の世界では標準となっていた横スクロールアクションに挑戦したばかりか、高度な多重スクロールまで実装しているのだ。アドルが走ると、窓の外の雲が、奥の壁が、手前の柱が別々に流れ去る風景は、当時のPCゲームの限界に挑戦する技術の粋といってよさそうだ。

  あいかわらず聞き応えのある本作のBGMをこよなく愛する人は多いが、ぜひゲーム本編も改めてプレイしてもらいたい。そこには、PCゲームの最先端をひた走った冒険家・アドルの足跡が、確かに刻まれているはずだ。

Text by 多根清史

前2作と違い『イースIII』のアドルは、とにかくよく喋るのだ

オープニングはサイドビューとなった『イース掘戮魄象付ける

住人との会話で物語の背景が広がっていくところはシリーズ共通だ

最初の冒険の前に、まずは手持ちの資金で武器店で装備を整えよう

『イース掘戮任蓮各ステージの入り口でHPが自然回復していく

マップ画面では城や山など、これから進んでいく場所が見えている

最初の舞台はティグレーの採石場。魔物のうごめく危険な場所だ

『イース掘戮凌畦彖RING。これは攻撃力を2倍にするPOWER RING

今回の事件に暗躍するチェスターとの初遭遇時のイベントシーン

ショップ機能がより充実。アイコン配置も洗練されている。

武器などの装備やアイテムを使いたい場合は、メニュー画面で選択

壁の上部にいる採石場のラスボス・エルフェール。上突き攻撃だ!


< PREV イースII 失われし古代王国 最終章 イースI 失われし古代王国 序章 NEXT >