日本ファルコム初のフルマウスオペレーションのアクションRPG。独特な操作感、パズル要素、主人公のアレスとドーラ・ドロンの絶妙なやりとりなど、日本ファルコムらしさを抑えながらも、新機軸を打ち出したタイトルとして広く認知されている。現在までに4作品がリリースされており、続編を望む声も多い。

ブランディッシュ

日本ファルコム初のフルマウスオペレーションのアクションRPG。竜の呪いによって地中深く沈んだ塔を舞台に、賞金首のアレス・トラーノスが冒険をするというストーリー。ゲームは単なるアクションゲームではなく、パズル要素もふんだんに盛り込まれているほか、オートマピング機能や、マップに書き込む機能などもサポートしていた(中にはマップを消すモンスターも!)。またアレスを師の仇と付け狙うドーラ・ドロンとアレスとの掛け合いは、なかなかにユニークで、ドーラは多くのファンを獲得してヒロインとなった。なおブランディッシュにはリニューアル版というものが存在しており、こちらでは「2」から採用された自動移動機能を搭載しているほか、BGMの変更などマイナーチェンジがほどこされている 。

ブランディッシュ2 -The Planet Buster-

ProjectEGGで配信中
「星をも破壊する剣プラネットバスターを背負いし者がこの国を訪れる」との予言を受けたブンデビア王のバドラー・ハデスは、プラネットバスターを手中に収めるために、プラネットバスターの所有者アレス・トラーノスの元へ部下を差し向ける……というバックストーリーの元にゲームが展開される。今回も主人公は前作同様に賞金首のアレス・トラーノスで、もちろんドーラ・ドロンとのコミカルな掛け合いも健在となっているほか、今回は二人が協力し合うシーンなどもある。「2」では自動移動の機能の追加によってプレイアビリティが上昇しているほか、二刀流(両手に盾を持つことも可能)や両手持ちの武器なども登場するため、よりバラエティーに富んだ戦術性が楽しめるだろう。

ブランディッシュ3 -Spilit of Balcan-

ProjectEGGで配信中
天空の女神に支えられし小国フィベリアを中心に物語が展開される。大魔道師バルカンの死から数年後の物語で、これまで謎の多かったバルカンの死因が語られるらしい。今回は主人公を剣士のアレス 、魔法使いのドーラ 、格闘家のアンバー、忍者のジンザの4人から一人を選んでプレイでき、選択した主人公によって異なる展開が楽しめるようになっている。なおO/M/A/K/Eの5キーを押しながらキャラクターを選択すると闘技場で登場する7体の敵キャラクターをプレイキャラとして選択可という嬉しい裏技も!(ただしストーリーはアレスと同様)。また新しいアクションとして、ジャンプ攻撃、バックステップ、溜め攻撃などの追加要素も導入され、よりダイナミックな戦闘が楽しめるようになっている。