『太陽の神殿(PC-8801版・Windows10対応版)』プロジェクトEGGにて配信開始!

ProjectEGG更新情報 | 2017.03.01
2月28日より、プロジェクトEGGにて『太陽の神殿(PC-8801版・Windows10対応版)』の配信が開始しました!

『太陽の神殿(PC-8801版・Windows10対応版)』
http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?contcode=7&product_id=1394

 太陽の神殿、そして神々との交流をもたらす不思議な鍵にまつわる一連のいい伝えを、私は、メキシコ高原とユカタン半島にまたがる密林の奥深くで耳にする事が出来た。

 彼等は密林の奥深くに隠れ住み、いまだ外部との接触を拒み続けている少数の部族だ。彼等の遠い祖先達は、密林をきりひらき、現在に到ってもその威厳を失わない数々の神殿都市を築き上げていった古代人達だ。 残念なことに、歴史の例にもれず、彼等もまた外界からの侵略をうけ、次々と都市を放棄し密林の奥深くで衰退し滅んでいってしまった。

 マヤ……私を魅了し続ける神秘のベールに包まれた謎の古代文明。ああ、彼らの都市が活気に満ちていた日々から、すでに幾世紀もの歳月が流れてしまった……彼らの残した遺跡を垣間見るたびに、心がきつく絞めつけられるかのようだ。

 本作は1986年にリリースされたアドベンチャーゲーム。プレイヤーはメキシコの古代遺跡チチェンイッツァーを舞台に、太陽の神殿と太陽の鍵を探す冒険をすることになります。ゲームはRPGのような操作で移動するフィールドパートと、特定の場所で画面が切り替わるアドベンチャーパートの二つで構成。アドベンチャーパートでは、アイコンを選択することで様々なアクションが可能となっています。

 本作の特徴に高い難度があります。この手のアドベンチャーゲームでは、コマンド総当たりで攻略できる物も多いのですが、本作ではそれは不可能。そればかりか、知らない間に詰んでいることもあるのです。しかも、ゲームが詰んでしまっていてもゲームオーバーにならないことも手伝って、非常に手ごたえのある内容に仕上がっています。ゲームが進行しないと思ったら固執するのではなく、やり直してみることも必要かもしれません。
 なお本作は同社のアステカの続編という位置づけなので、通しでプレイするとより楽しめることでしょう。


 プロジェクトEGGで配信中のその他ファルコム作品は、ゲーム資料館でも紹介していますのでご覧になってみてくださいね!

レトロゲーム総合配信サイト『プロジェクトEGG』
http://www.amusement-center.com/project/egg/