EGGMUSIC

PSYVARIAR "THE MIX" -Remixer's Interview 知る"THE MIX"-


名前

柏木るざりん

所属

電開製作所

ホームページ

http://denkai.net/

軽く自己紹介などお願いできますでしょうか。

皆様こんにちは、柏木るざりんと申します。同人商業等でこぢんまりと作詞作曲活動を行わせていただいております。
代表作は多分巫女みこナースだと思うのですが、実は電波ソングを作るのはあまり得意じゃないです。最近の愛聴盤はテレサ・テンのスーパーベストです。

今回『サイヴァリア』のリミックスをしてみていかがでしたか。また、こだわった部分などありましたら教えてください。

今までリミックスやアレンジものをやるときって、「今回は○○風アレンジで」みたいに結構形というかジャンルから入る方だったのですが、ふともし自分がリスナーだったら、と考えると、「○○風アレンジ」よりもその人の個性がこれでもかと溢れている、3秒聴いてアイツだ!とわかるようなものの方が聴いてて面白いかな、と思ったので今回はもう何も考えず、胸を借りる気持ちで好きなフレーズを好きな音で好きなようにリミックスさせていただきました。

悩みも煮詰まりもせず、初期衝動だけで突っ走ったので作ってる自分としては始終アドレナリン出っぱなしで楽しかった記憶しかありません。

あまりにも趣味全開俺様ミックスなので若干恐縮でもあるのですが、もし皆様に少しでも喜んでもらえたならそれはもう最高だと思います。

今回「超連射の心意気で」というお願いをさせていただきましたが、影響はありましたか?

後半のベッタベタなペンタトニックソロは、超連射のおしおきボス曲を意識しました。

あと「とりあえずキックは4つ打っとけ」的な4つ打ち信仰は超連射作ってた頃の12〜3年前から全く変わってないんだな、というのをあらためて実感しました。

ギターを始めてから曲作りの技法は変わりましたか?

曲作りを始めてから今に至るまでずっと、メロディとコード進行をこねくりまわしていくやり方しか出来なかったのですが、リフから曲を作る、という手法を身体で会得出来たのは大きいと思います。

ただ一時期本当にそれしか出来なくなって、エロゲーのBGM作る仕事のときにえらく困った記憶があります。幼馴染との登校シーンにAC/DCみたいな曲作ってどうすんのよ、みたいな(笑)。最近はようやく臨機応変に両方を折衷して作れるようになったので、曲作りの幅、という意味では2倍3倍に広がったと思います。

今回のリミックスでの使用機材を教えて下さい。

打ち込み&レコーディングはCubase4。音源は基本的に全てソフトウェアで、TC ElectronicのPowerCore 01、NovationのV-Station、Native InstrumentsのMASSIVEあたりをよく使ったと思います。ギターはレスポールJrで、PCのオーディオI/Fに突っ込んでGSuiteっていうフリーのアンプシミュレータプラグインを通しました。

こいつがフリーなのにすごく良い出来で、選べるアンプの数は2種類と少ないものの、市販のプラグインと比べても遜色無いクオリティでしかも軽いので、非常に重宝してます。

今後のご予定、告知したい事などご自由にお願いします。

今はまだ具体的にお知らせ出来ないのですが、秋〜冬にかけて楽曲を担当させていただいたゲーム作品がリリースされると思います。詳細は電開製作所のサイト等で告知いたしますので、興味を持たれましたら是非チェックしてみてください!

あ、あと夏コミも「土曜日 西れ-60a」にてサークル参加しておりますので、よかったら遊びに来てくださいませ。

※今回の "THE MIX" 参加およびインタビュー登場を記念して、柏木さんのベスト盤『Loser Kashiwagi is NOT dead』がEGG MUSICにて配信開始となりました! 記事とあわせてお楽しみください。
© 2008 SUCCESS Corporation
© 2008 D4Enterprise Co.,Ltd
HOME