EGGMUSIC

アーティスト紹介

岩垂徳行

1964年4月28日生まれ。大学在学中にほとんど独学で作曲の基礎を築き、バンド活動やBGM制作を経て実力を磨く。ゲームミュージシャンとしてのデビュー作はメガドライブ移植版「アフターバーナーII」(1990) で、以後も主にメガドライブ作品を手がけた。

1992年の「ルナ〜 The Silver Star」では初めてストリーミングを用い、ワンチップ音源では表現しきれなかった本当の岩垂サウンドが開花。この作品はソフトバンク誌のメガドライブ最優秀音楽賞を受賞している。さらに97年には「グランディア」で同セガサターン最優秀音楽賞、2000年には「グランディア2」で同ドリームキャスト最優秀音楽賞を獲得、実力派コンポーザとして不動の地位を確立する。

マーチを基調とした雄大で力強い楽曲にファンが多い。しかしその作風は流麗なピアノ曲からジャズ、ファンク、トライバル……と、きわめて多岐にわたっており、彼の音楽の魅力すべてを一言に語り尽くすことは難しい。活動の幅はゲームミュージックだけに留まらず、東京ディズニーリゾート、Yosakoiソーラン祭りなどのショー・イベント音楽、HAYダンスカンパニーをはじめとするダンス・ミュージカルなどの舞台音楽、テレビ・ラジオの音楽まで、広範囲に及んでいる。

公式ホームページ
代表作
  • 「ルナ」シリーズ(メガCD/セガサターンほか)
  • 「グランディア」シリーズ(セガサターン/プレイステーションほか)
  • 「トゥルーラブストーリー」シリーズ(プレイステーションほか)
  • 「ラジアータ・ストーリーズ」(プレイステーション2)
  • 「逆転裁判3」(ゲームボーイアドバンス)

Risque Fellow

梅本竜、高見龍、沢田大輔の三名からなる音楽制作集団。「テクノロジーを使って組み立てた音楽」にこだわり、バックグラウンド・ミュージックの機能美を絶妙のバランス感覚で追究しつづける。

中心人物である梅本竜は、PC-9801後期を代表するゲームミュージシャンのひとりとして知られる。底知れぬ繊細さと、大胆なテクニシャンぶりを両立させることのできる稀有なコンポーザーであり、特に高見龍との共作『この世の果てで恋を歌う少女・YU-NO』や『EVE burst error』では、比類なき完成度を誇るFM音源トラックで絶大な支持を獲得した。2007年には彼らの集大成ともいえるベスト盤『Attack Rate』も発売。新次元のFM音源サウンドで好評を博している。

ゲームミュージックにとどまらず、webコミック『ガリアンレイダー』に楽曲を提供するなど、より広範囲に活動の幅をひろげている。

代表作
  • 『EVE burst error』(PC-9801)
  • 『グランシード』(PC-9801)
  • 『この世の果てで恋を歌う少女YU-NO』(PC-9801)
  • 『XENON 夢幻の肢体』(PC-9801)
  • 『DESIRE 背徳の螺旋』(PC-9801)

Eterna Musik

草の根BBS『ゆいNET』でのDTM活動を経て、1998年、同人音楽へ参加。 サークル『ねるねるねるげ』や『APPLE project』の作品に参加し、2000年に自サークル『えてるなむじーく』を設立。 同人音楽ではまだボーカルが主流でなかった当時、1stアルバム『Approach』が話題に。

オリジナルボーカルアルバムで、現在メジャーで活躍している歌姫『霜月はるか(草葉このは)』や『DEVICE HIGH の REM』がボーカルで参加していた。 現在は、VOCALOID、チップチューン(FM音源)、ゲームミュージックアレンジ、オリジナルボーカルアルバム等のジャンルにて活動中。

公式ホームページ
代表作
  • 『ARINA(ねるねるねるげ)』
  • 『Miracle Pips(ねるねるねるげ)』
  • 『onother ONE(APPLE project)』
  • 『Etanal Wind(APPLE project)』
  • 『天使のお仕事(APPLE project)』
  • 『CLANNAD remix album -memento-(key)』
  • 『iM@S to go!(Whoopee! Records)』
  • 『プリズム・ミック(PUSSY・CAT)』
  • 『MIRACLE TRAX(ちょむ工房)』
  • ...ほか多数

風水嵯峨

7月21日生まれ。柔和でありながらも芯の通ったサウンドで叙情性豊かに魅せる、大阪在住のゲームミュージック・コンポーザー。ハミングバードソフト後期の音楽担当として『ラプラスの魔』『パラケルススの魔剣』『ロードス島戦記』などの人気シリーズを手がけ、のちフリーとなる。

彼の評価を不動のものとしたのは、フォグより1998年にリリースされた『久遠の絆』のサウンドトラックであった。その後も『風雨来記』をはじめ、同社作品には多数携わっている。彼にしか紡ぎ出しえない「温かみのある荘厳さ」が、映画もかくやという緊張感とロマンティシズムのなかで完成をみたこれらの音楽は、フォグ作品全体を象徴するほどの存在感を示しているといえるだろう。

流行りすたりに左右されることなく精錬された風水嵯峨サウンドの深奥は、ゲームをプレイしていない人の心にも、きっと響くはずだ。EGG MUSICでのリリースを耳にして、それを確かめてほしい。

※当サイトにて音楽作品をご紹介させていただいておりました風水嵯峨氏が、去る2007年6月28日にご他界されました。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、生前のご厚誼に対し厚くお礼申し上げます。

公式ホームページ
代表作

梶原正裕(KAJA)

1971年4月1日生まれ。 1989年に日本テレネットでゲーム音楽家としてのキャリアをスタートし、のちフリーとなる。PC-9801全盛期には自作音源ドライバー『P.M.D.』を駆使し、力強さと緻密さを兼ね備えた絶妙のバランス感覚で、数えきれないほど多くの楽曲を世に送り出した。

代表作は 枚挙に暇がないが、とくに『プリンセスメーカー』や『サイレントメビウス』といったGAINAX作品で手がけたサウンドが、今日なお大きな人気を誇っている。

いまなおFM音源とMMLに愛着を持ち、近年は『トリガーハート・エグゼリカ』において、その経験を活かした「古くて新しいサウンド」を開花させ、注目を集めている。

公式ホームページ
代表作
  • 『プリンセスメーカー』シリーズ
  • 『トリガーハート・エグゼリカ』

古代祐三

1967年12月12日生まれ。1986年に日本ファルコムの音楽担当としてデビューを飾る。以降数年の間に、FM音源を駆使したポップ&テクニカルな「古代節」と呼ばれるサウンドを確立し、パソコンゲーム音楽のトップランナーとして、揺るぎない名声を得た。

クラシックにも造詣が深く、1990年代以降は本格的なオーケストレイションにも接近。その一方で急進的なテクノサウンドにも傾倒するなど、幅広い才能を見せつけている。スタイリッシュであると同時に実験精神も忘れないその作風は、国内のみならず海外からも極めて高く評価されている。

公式ホームページ
代表作
  • ザ・スキーム』(PC-8801)
  • 『湾岸ミッドナイト』(アーケード)
  • 『激闘!カーバトラーGO!!』(ゲームボーイアドバンス)

柏木るざりん

長きにわたるX68000同人シーンでの活躍ののち、2000年からTacticsにおいて美少女ゲームのサウンドトラックを手がける。2003年にフリーとなり、同年の「巫女みこナース」で一気にブレイク。鼓膜を掴んで離さないインパクト抜群の主題歌は、テレビCMにも使用されるなど、美少女ゲームファンに留まらない多くの人々を虜にした。

これまでに15作以上のサウンドトラックを手がけ、今なお快進撃中。2005年にはベスト盤『Loser Kashiwagi is NOT Dead』をセルフプロモートしている。

代表作
  • 『超連射68K』(X68000/Windows)
  • 『巫女みこナース』(Windows)
  • 『愛のメイドホテル物語〜愛しのスク水・メイド〜』(Windows)

斉藤康仁

北海道を拠点に活動する作曲/編曲家, プロデューサー, ゲーム音楽作家, ギタリスト。 メロディアスな「泣き」のギターを身上とし、熱く静かに盛り上げる叙情的な作風で、根強い人気を誇る。

1985年にデービーソフトの音楽担当としてデビュー。『ヴォルガードII』『頭脳戦艦ガル』『うっでぃ・ぽこ』などの音楽には、彼の作品と知らずに親しんだ人も多いことだろう。1988年からはデータウエストで活躍し、『サイキック・ディテクティヴ』シリーズや『ライザンバー』シリーズなど、とりわけFM TWONSユーザーにとって忘れられない名曲を数多く残している。1995年以後フリーとなる。

現在は札幌の様々なバンドでギタリストとして精力的にライブ活動を行いつつ、地元インディーズアーティストのアレンジャーやバックバンドギタリストの仕事もこなす。ゲーム音楽はここしばらく手がけていなかったが、2007年にWindows用ソフト『エグザミネイター』を担当。待望の復活を遂げた。

公式ホームページ
代表作
  • 『サイキック・ディテクティヴ』シリーズ (FM TOWNS)
  • 『ライザンバー』シリーズ (FM TOWNS、PCエンジン)
  • ヴォルガード』 (PC-6001mkII、PC-6601)
  • 『ヴォルガードII 』(ファミコン)
  • 『頭脳戦艦ガル』(ファミコン)
  • うっでぃ・ぽこ』 (PC88/X1/ファミコン)

坂本慎一(ウエストン・ビット・エンタテイメント)

1966年生まれ。学生時代にキーボードやギターで作曲を開始し、テクモ〜NMKのサウンド担当を経て1986年にウエストン(現ウエストン・ビット・エンタテインメント)入社。派手さはなくとも心に残るサウンドで、コアなアーケード音楽フリークたちを魅了した。

独特のポップセンスに裏打ちされた、さり気なく印象的なハーモニーで知られ、その魅力は代表作「ワンダーボーイ」シリーズや「サイキック5」などに、特に顕著にみられる。1990年代からは同社の経営にも参画し、サウンド担当として活躍する機会は少なくなったものの、CD-DAより矩形波が好きと公言して憚らない生粋のチップサウンド・フリークであり、今後も意外な形での活躍が見られるに違いない。

公式ホームページ
代表作
  • 『サイキック5』(アーケード)
  • 『ワンダーボーイII モンスターランド』(アーケードほか)
  • 『ワンダーボーイIII モンスターレア』(アーケードほか)
  • 『モンスターランドIII』(メガドライブ)
  • 『オーライル』(アーケード)

高橋大昌(KID)

1980年代より、PC-9801を中心にさまざまな機種のゲーム・サウンドトラックを手がけ、著名なミュージック・ドライバ「FMP」の誕生にも深く関わった。自身も屈指の「FMP」使いとして知られ、FM音源によるサウンドメイキングにはとりわけ円熟した技量を発揮する。

デビュー作は「セレクテッド・ソーサリアン」。軽やかなメロディで魅せるアーケード・スタイルのロック/フュージョンを得意とし、タイトなFM音色によるファンキー&スペイシーなサウンドで、独自の音空間を作り上げる。現在はゲームミュージックの一線から離れているものの、やんたこ氏とのコラボレーション「project renga extra」など、興味深い試みを続けている。

代表作

西澤洋

1965年東京都生まれ。電脳音楽師 Hiro. の名で活躍するサウンド・クリエイタ。FM音源黎明期にあたる1985年からゲームサウンド制作に携わり、キティ・エンタープライズ、アモルファス、パンドラボックスといったメーカーで数々のパソコン/コンシューマ作品を手がけてきた。

特に「龍騎兵団ダンザルブ」を始めとするパンドラボックス時代の作品は、いずれも演出力に長けた王道ゲーム・サウンドトラックで、現在もファンのハートを掴み続けている。1994年に独立し、現在フリーで活動中。

マーチを基調とした雄大で力強い楽曲にファンが多い。しかしその作風は流麗なピアノ曲からジャズ、ファンク、トライバル……と、きわめて多岐にわたっており、彼の音楽の魅力すべてを一言に語り尽くすことは難しい。活動の幅はゲームミュージックだけに留まらず、東京ディズニーリゾート、Yosakoiソーラン祭りなどのショー・イベント音楽、HAYダンスカンパニーをはじめとするダンス・ミュージカルなどの舞台音楽、テレビ・ラジオの音楽まで、広範囲に及んでいる。

代表作
  • 「龍騎兵団ダンザルブ」(スーパーファミコン)
  • 「ソウル&ソード」(スーパーファミコン)
  • 「ONI」シリーズ (ゲームボーイ)
  • 「ラジアータ・ストーリーズ」(プレイステーション2)
  • 「セレクテッド・ソーサリアン」(PC-8801/PC-8801VA/PC-9801/X1)

田中勝己

1989年某ゲームメーカーに入社。当初は営業担当だったが、MSX用ディスクマガジン『ディスクステーション』付録CDシングル制作を契機に、コンポーザとしての才覚をあらわす。任し、CMソング「灼熱のファイヤーダンス」でスマッシュヒットを記録。一躍ゲームミュージック界の寵児となった。

以降はプロデューサやアレンジャーなど、多岐にわたる活動を展開。なかでも「電脳玉手箱・田中勝己のゲームバスターズ」をはじめとするラジオパーソナリティとしての活躍ぶりは、特に大きな注目を集めるところとなった。

近年は「are made of this」名義で海外アーティスト作品のリミックスなどを手がける一方で、田中勝己として活動は実質的に休止していたが、EGG MUSICの本格始動とともに「原点回帰」しての復活となった。

葉山宏治

1965年8月4日横浜市生まれ。1987年よりゲームミュージシャンとしての活動を開始し、1993年の初代『超兄貴』サウンドトラックでオリコン16位の大ヒットを遂げる。超満員で迎えたデビューライブでは、ファンからの大いなる「兄貴コール」で迎えられ、それ以来「兄貴」という愛称で親しまれる。一部で熱狂的な人気を誇り、超過激なライブには定評がある。

「超兄貴」「筋属バット一号」に代表される、サンプリングを活かした独自の作風は「兄貴サウンド」として知られるが、その守備範囲は「フロントミッションサード」にみられる正統派サウンドトラックから、「男達のバラッド」「明日は晴れる」「ラッキーラッパーパーティー」といったボーカル曲まで、多岐にわたる。

どこの企業にも所属せず超フリーの特権を生かし、さまざまなゲームやCDに参加、國府田マリ子、水木一郎との共演など、レコード会社の垣根を越えた多彩な経歴を持つ。これまでに自身のCDを14枚をリリース、ゲーム音楽では約30タイトルに参加。孤高の存在感を放ち続ける、実践派のゲームミュージシャンである。

公式ホームページ
代表作
  • 超兄貴』(PCエンジン)
  • 『フロントミッションサード』(プレイステーション)
  • 『サルゲッチュ2』(プレイステーション)
  • 『スーパーロボット大戦α』(プレイステーション)

樋口秀樹(Tynwald music)

ジェントルなアコースティック・サウンドに定評のある、知性派コンポーザー。オーケストラと民俗音楽を軸に、さりげなく、しかし確固とした存在感のBGMを紡ぎ出す。自ら主宰する Tynwald music からは、WHITE-LIPS をフィーチャしたヴォーカル曲も発表している。

PC-9801時代後期から活動しており、現在主に美少女ゲーム方面で活躍中。デビュー作『機械仕掛けのマリアン』(1994) をはじめ、当初はすたじお実験室の作品を多く手掛けた。PC-9801では独自にFM音源ドライバーを制作していたほどの技術肌……でありながら、同時に詩的センスも持ち合わせ、作詞にも才を発揮している。

公式ホームページ
代表作
  • 『竜機伝承』 (PC-9801)
  • 『ぽぽたん』 (Windows)
  • 『まじかるカナン -RISEA-』 (Windows)
  • 『R.U.R.U.R』(Windows)

Picopico Sound Generation

元SEX MACHINEGUNSの村井研次郎と、プロレス界の名物リングアナ・山本”ヤマモ” 雅俊がコラボレートした異色の8bitバンド「ピコピコサウンドジェネレーション」が、鮮烈デビュー!

「なぜ彼らが突然8-bitサウンドに?」と不思議に思う人もおられることだろう。しかしそのレトロゲームに対する愛情はホンモノだ。アニソン主体の直球勝負な選曲とは裏腹な、筋金入りチップチューン・フリークも納得のサウンドメイキング。そこにコスプレアイドル・声ちゃんのキュートなヴォーカルと、腐女子マルチタレント・白川りさのパンチあるヴォーカルが加わって、意外なまでに聴かせる8-bitポップ・ワールドを展開している。侮るなかれ!

山西利治

1971年生まれ。『サンダーフォースIII』(テクノソフト) でゲーム音楽家としてデビューし、以降も同社のメガドライブ黄金期作品に、数々の楽曲を提供したことで知られる。『エレメンタルマスター』や『サンダーフォース』シリーズなどでは、FM音源の限界に迫る重厚なサウンドを送り出し、多くの人々を熱狂させた。

1995年からはガストに移籍。同社の初期作品に携わり、こちらでもヒット作『マリーのアトリエ』を手がけるに至る。2003年以降はフリーとして活躍し、株式会社アムーヴの専属ミュージシャンとなっている。

代表作
  • 『サンダーフォース』シリーズ (メガドライブ)
  • 『エレメンタルマスター』 (メガドライブ)
  • 『デビルクラッシュMD』 (メガドライブ)
  • 『マリーのアトリエ』(プレイステーション)
  • 『セガガガ』(ドリームキャスト)

与猶啓至

7月20日福岡市生まれ。デジタルシンセらしさを前面に押し出した力強いサイバー・サウンドに定評がある。ファンキーなベースを効かせた重量感のある音作りと、清涼感で魅せるメロディアスな音作りという、一見相反するふたつのスタイルにおいて、最大限に個性を発揮する、隙のない実力派である。

ゲームミュージシャンとしての商業デビュー作はMSX用ゲーム「ハイディフォス」(1989)だが、1990年代に入ってからはパソコン通信による音楽データ公開も積極的に行い、双方の活動を通じてダイナミズムあふれる独自のFM音源サウンドを確立した。X68000における初期の代表作(「マッドストーカー」や「あすか120%」など)は、その集大成といえるだろう。

その後はコンシューマ機などでストリーミング・オーディオを手がける機会が増え、固有の作風はいっそう確固としたものとなった。なかでも固有の世界観で作り上げたソロワーク集「サイバーフォニック」シリーズは、特に高い評価を得ている。またREIKAとのコラボレーションを通してヴォーカル曲にも才を発揮し、ライブ活動も精力的に展開している。

公式ホームページ
代表作
  • メタルサイト』(X68000)
  • 『ニューラルギア』(X68000)
  • あすか120%』シリーズ(FMタウンズ/X68000/プレイステーションほか)
  • マッドストーカー』シリーズ(X68000/PCエンジンほか)
  • 『ルイン〜神の遺産』(PCエンジン)
  • 『火焔聖母』(ドリームキャスト)