アーティスト / 詳細


1965年8月4日横浜市生まれ。

1987年よりゲームミュージシャンとしての活動を開始し、1993年の初代『超兄貴』サウンドトラックでオリコン16位の大ヒットを遂げる。超満員で迎えたデビューライブでは、ファンからの大いなる「兄貴コール」で迎えられ、それ以来「兄貴」という愛称で親しまれる。一部で熱狂的な人気を誇り、超過激なライブには定評がある。

「超兄貴」「筋属バット一号」に代表される、サンプリングを活かした独自の作風は「兄貴サウンド」として知られるが、その守備範囲は「フロントミッションサード」にみられる正統派サウンドトラックから、「男達のバラッド」「明日は晴れる」「ラッキーラッパーパーティー」といったボーカル曲まで、多岐にわたる。

どこの企業にも所属せず超フリーの特権を生かし、さまざまなゲームやCDに参加、國府田マリ子、水木一郎との共演など、レコード会社の垣根を越えた多彩な経歴を持つ。これまでに自身のCDを14枚をリリース、ゲーム音楽では約30タイトルに参加。孤高の存在感を放ち続ける、実践派のゲームミュージシャンである。

代表作
・『超兄貴』(PCエンジン)
  Project EGGにてWindows復刻版が好評販売中!
・『フロントミッションサード』(プレイステーション)
・『サルゲッチュ2』(プレイステーション)
・『スーパーロボット大戦α』(プレイステーション)
    ほか多数

公式ホームページ
葉山宏治〜HAYAMA NETWORK〜

配信中のアルバム
『筋属バット一号 オリジナルバージョン』
当時のアルバム『筋属バット一号』を聞き逃した貴兄、さらには、もう一度聞いてみたい、はたまた、別バージョンとは何ぞや?という方には、ぜひ、聴いていただきたいと思います。
『ANIKI LIVE MUSIC』
オンラインのみでのリリースとなる本ライブ盤では、ファン必聴トラックの数々がライブならではの熱いテンションで舞う。
『未来は光る』
葉山宏治初のオンライン・アルバムがEGG MUSICより登場!『スーパーロボット大戦α』シリーズからのセルフアレンジを中心に兄貴の新境地を感じさせてくれる一作だ。
『H2プロジェクト』
中花ユキの凛とした歌声、そして畠山智子の澄んだ歌声に乗せて、いつもの葉山ワールドとは一風異なった、正統派J-POPを披露する。
『炎の宅配便 オリジナル・サウンドトラックス』
葉山宏治最新サウンドトラックがゲームと同時発売!島本和彦ワールドを彩る魂の配達サウンドを君の耳に焼き付けろ!
『アウトテイク集『OLD&GOLD』』
『「アウトテイク集」。一口に言えば、スーパーの選外品である。「これではなくて別のものを」と言われて、お蔵入りしている作品だったり、いろいろな理由で選外品になった作品のことだ。』
『吉野家 オリジナルサウンドトラック』
牛丼の完全復活を目前に控えたいま、2004年にサクセスが発売したプレイステーション2用ソフト、葉山宏治の『吉野家』サウンドトラックが堂々の復活!
『超兄貴 オリジナル・サウンドトラック』
超問題作『超兄貴』がEGG MUSICに堂々登場!奇抜な世界観で繰り広げられる映像と音楽は、一度目にしたら忘れる事はない筈だ。日本中で猛威を振るった葉山宏治による「男のサンプリング」を、もしまだ聴いたことがないのでただちにチェックだ!先日発売の最新作『零・超兄貴』もお忘れなく!
『改造町人シュビビンマン2 オリジナル・サウンドトラックス』
ゲーム・音楽共に評価の高い『改造町人シュビビンマン』シリーズの第2弾がEGG MUSICに登場!前作同様、クオリティと難易度の高さで有名だが、特筆すべきは葉山宏治氏が音楽を担当していること。「兄貴」前夜の隠れた秀作だ。
『改造町人シュビビンマン3 オリジナル・サウンドトラックス』
『改造町人シュビビンマン2』に続き、『改造町人シュビビンマン3』のサントラがEGG MUSICに登場! より親しみやすくなったゲーム内容にあわせ、音楽もPCエンジンの内蔵音源からCDオーディオに移行。「兄貴」こと葉山宏治ならではのスタイルが固まり始めた頃の、貴重なサウンドを聴かせてくれる。
『モトローダーMC オリジナル・サウンドトラックス』
『モトローダー』シリーズ第3弾がEGG MUSICに登場! あの『超兄貴』と同年に葉山宏治が手がけた知られざる力作のひとつで、「レースゲームらしさ」という違った方向からその完成度を感じることができる。
『M −永遠のラブソング− PCエンジン オリジナル・サウンドトラックス』
メサイヤ得意のシミュレーション・スタイルにより、某有名アニメーションをゲーム化した、PCエンジン作品(1992)。EGG MUSICが初のサントラ化! 音楽担当はおなじみ葉山宏治氏で、様々な音楽ジャンルを用いてシミュレーション独特の緊張感を表現している。
『M −永遠のラブソング− PCエンジン オリジナル・サウンドトラックス』
葉山宏治のCDオーディオ作品第一弾、EGG MUSICがついにサントラ化! 1990年末にメサイヤから発売された、某有名アニメーション原作のアクションゲームより。CD-DA初挑戦ながらも完成された作風で、当初から技術レベルが高かったことを伺わせる一作。
HOMEに戻る