ProjectEGG

超レトロゲーム兄貴・愛キャンペーン

本キャンペーンは終了しました。
超レトロゲーム兄貴・愛キャンペーン
対象期間 2012.10.23〜2012.11.12

前回のキャンペーンが美少女なら……今回は逆に兄貴ィ!
思い出のレトロゲーム兄貴は誰だ!?

プロジェクトEGGで配信しているタイトルの中から熱き男が闘う・競う・奪い合う100タイトルを選出!
こちらからゲームを購入すると、ACポイント還元率が熱き血潮がドクンとみなぎる30%にアップ!

肉体派兄貴……知的派兄貴……そしてバズーカを放つ兄貴ッッ! さぁ、お前も一緒に戦おうゼ!
また、今回特別に配信中の『筋肉であそぼう』レビュー、『怒りの要塞』序盤攻略レビュー、そして11月6日配信予定の『ファイナルゾーンII』序盤攻略レビューを特別に公開!

キャンペーン対象タイトル
アクション
アドベンチャー
アクションRPG
RPG
シューティング
シミュレーション
テーブル
スポーツ
格闘アクション
その他

画面の中の筋肉をクリック、クリック!
『筋肉であそぼう』紹介&レビュー

『筋肉であそぼう』はコンパイルのミニゲーム集雑誌、「DiscStation」5号に収録された迷作タイトル。 インターネットでも稀にネタゲームとして、紹介記事があったりプレイ動画がアップされたりすることもあるため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 今回はこのゲームを紹介と称して、色々ツッコミ入れていきたいと思います。さて、さっそくゲーム起動!

ゲームタイトルもオープニングもなく、筋肉のおっさん登場!! 大前提として…誰ですかこのおっさん。

基本的な操作は指、羽、オイルの3つの道具を使って…
いじり倒せ!

普通に筋肉触るもよし。

弱点?っぽいところを羽で攻めるもよし。

筋肉のおっさんの様々な反応が楽しめます。

でも、触ったり攻めるだけじゃないのがこのゲーム。例えばあるところを触ると…。

ス、スイッチ出現!?

押したら腕飛んでったー!?こいつ腕の中機械だ!
サイボーグなの!? ロボなの!?

あ、腕戻ってきた…。…このようにどこからツッコミ入れていいのかわからないギミックも(−−;

もちろんこの腕ロケットなど、この筋肉のおっさんに仕掛けられたギミックの中では、まだ序の口。 そことか、こことか、あそことか、じーっと画像見るだけで気になる所はたくさんあると思います。

じっーと見られると恥ずかしい表情の筋肉のおっさん。

また、ゲーム同様面白いのが付属のマニュアル文章(EGGランチャーよりPDFデータをダウンロード可能です)。 一文抜き出してみると、『あらゆるTPOに応えるべく、3種類の道具を用意しました。しかし、ムチやロウソクや三角木馬は今回用意できませんでした…』って、いらんわそんなもん。

こんな感じで、ゲーム内容だけでなくマニュアルまでツッコミ所満載の「筋肉であそぼう」、EGGキャンペーン【超レトロゲーム兄貴・愛】開始を記念して、満を持して配信開始です!

「禁断の筋肉美を密かに堪能する機会をアナタに。」
…この一文もマニュアルの原文そのままです。

『筋肉であそぼう』
  • 発売年:1994年
  • ジャンル:その他
  • 機種:PC-9801版
  • 価格:630円 → 525円

ジャレコのトップビューアクション最新作がついに登場!
「怒りの要塞(コンシューマ版)」序盤攻略レビュー

「怒りの要塞」はジャレコ社の代表的シリーズタイトルの一つ。
シンプルな操作性と各種武器を使い分けステージを攻略していくパズル的要素で、ただ撃って撃って撃ちまくるだけのゲームにはない魅力が詰まった作品だ。 そんな「怒りの要塞」の最新作が、プロジェクトEGGについに登場!さっそくプレーしてみよう!

さあゲーム開始だ、スタート直後は地図を持っていないので目的地が分からない。そういう時は壊せる物を破壊しつつ前進だ。

ようやく地図をゲット!地図は現在地と、場合によっては目的地を示してくれる頼りになるアイテムだ。 各階に地図はあるので、必ず取っておこう。

青い4連砲台はやっかいな敵だ。ダメージを受けたくなかったらワイドショットを選択し、遠距離攻撃が有効だ!

赤い兵士はまとまって登場すると面倒だ。単発ショットで近距離で一気に倒しても良し。自信がなければワイドショットで遠距離攻撃だ。

マップ右中央には中ボスがいる。カニのような可愛いらしい外見にだまされちゃいけない。慎重に進めるならワイドショットで遠距離攻撃だ!

この機械は通常弾およびワイドショットでは届かない、さてどうする?

新ウエポンの反射レーザーがマップのどこかに隠されている。この武器が無いと先ほどの機械が壊せないぞ。

今度は赤い中ボスの登場だ。こいつは足が素早い。ダメージ覚悟で近距離から連打、連打、短期決戦だ!

やられた兵士達と何かの残骸。ここでいったい何があったのか。

ここでも通常弾では攻撃できない機械がある。新しい武器(火炎放射)をゲットして攻撃してみよう。

ついにボスのお出ましだ!こいつは実は味方の兵士が倒された相手だ。そう、さっきの残骸は味方が命と引き替えに破壊したボスの左手だったのだ!
感傷にひたっている暇はないぞ。このボスを倒して兵士の無念を晴らそう。

という所で攻略はここまで。
トップビューでガンアクションとなると激しい難易度が予想されるが、このゲームはお手上げ状態の難易度ではない。 それは前記した通り、進むにはアイテムが必要な箇所があったりとパズル的要素も楽しんで欲しいからかと思う。
近未来風の重厚なビジュアルや、バックグラウンド回転機能を利用したボスの演出など、たいへん雰囲気あるゲームとなっている。 是非君も「怒りの要塞」をプレーして、この雰囲気を味わって欲しい。

『怒りの要塞』
  • 発売年:1993年
  • ジャンル:アクション
  • 機種:SFC
  • 価格:840円 → 525円

ボゥイ大佐の戦いは終わらない…PCEに最新作登場!
「ファイナルゾーンII」序盤攻略レビュー

80年代中頃に当時の常識を覆すビジュアルシーン、味方とのフォーメーションでステージを攻略していく 戦術制で人気を博したトップビューのアクションシューティング「ファイナルゾーン」
その正統な続編、PCE版「ファイナルゾーンII」がプロジェクトEGGにて配信となる。 はたして前作との関係は...、早速プレーしてみよう。

PCEお得意のCD-ROMを利用した豪華なOPからスタートだ。
反乱軍鎮圧任務の最中、味方の裏切りに合うが、運良く惑星に降下できたボゥイ大佐。 大勢の仲間が帰らぬ人となった。この悲しみを胸にボゥイは立ち上がる。

ステージ1:
ステージ1はジャングルが主戦場となり足場の狭い箇所が多いので慎重に進もう。また、一般兵は遠めから通常弾で的確に倒して行こう。 このゲーム全般に言える事だが、敵を1画面内になるべく少ない数にして倒していくのが有効だ!

バズーカ兵のバズーカ砲は当たると大ダメージを受けるぞ。タイミングを見据えて通常弾で攻撃だ!

戦車のお出ましだ!一気に片を付けたいならばタイミングを見計らって特殊弾をたたき込め!
お、アイテムが登場したぞ。このアイテムは武器の補充・体力の回復をどちらか選ぶことができるぞ。

この場所はバズーカ兵が一気に押し寄せてくるが、地形をうまく利用すればノーダメージだ。

このステージのボスは前作で部下だったボンバー中佐だ。ここまで到達した君ならば突破はたやすいだろう。

ステージ2:
ここでは、プレイキャラクターをハンナ少佐にバトンタッチ。 ボゥイ大佐と合流しなければいけない、戦火をくぐり抜けろ!

ついにステージ2のボスのお出ましだ。こいつの攻撃はやっかいだが...攻略はここまで。

ステージ3以降はシューティングステージあり・ホバーアクションありと多彩なステージが君を待ちかまえている。 また、前作で登場した部下達も再び登場し活躍するぞ。
「ファイナルゾーンII」は前作をプレーしたユーザーならもちろん、初めてプレーする方も楽しめる内容となっている。 CD-ROMを利用した圧倒的なビジュアルシーンや、CDDAを利用したBGM(一度モモコでプレーする事をおすすめする)。 通常弾・特殊弾を撃ちまくって敵を倒す爽快感はこのゲームならではだ。
ぜひ君もボゥイ大佐となって、この復讐劇を見届けてみてくれ!

『ファイナルゾーンII』
  • 発売年:1990年
  • ジャンル:アクション
  • 機種:PCE
  • 価格:945円 → 525円
HOME