ProjectEGG

アドマス

発売年
1991年
メーカー
コンパイル
機種
PC-9801
ジャンル
パズル
EGG発売日
2010-07-06
価格
無料

特典

PDFマニュアル

動作環境

こちらから動作環境をご確認ください

解説

 1991年にコンパイルよりリリースされた『アドマス』は、『ディスクステーション98 #5』に収録されていたパズルゲームです。本作は数字を使ったパズルゲームとなっており、ルールは非常に簡単。右から流れてくる数値のセットを好きなところで落下させて下の数値と足し、10になるとそのブロックは消え、10以下の場合はその数値になり、11以上になった場合は1の位のみのとなりますが、ペナルティとして同じブロックが一番左に足されてしまうのです。そしてブロックが右端まで並んでしまうとゲームオーバー、見事一定数消すことが出来ればステージクリアーとなります。ちなみにステージが進むごとに、右から流れてくるブロック数は増加していくので、より手応えのあるプレイが楽しめることでしょう。  画面右から流れてくるブロックは、「1と4」「3と6」などの複数の数値で構成されていますが、順序を入れ替えることもできます。また特定の消し方をすると、同じ数値のブロックを全部消去するマジカルボム、ブロックの移動速度を遅くするスピードダウン、ブロックを止められるブレーキ、5000点が加算されるポイント、右端のブロックが消えるような並びのブロックが登場するラッキーといったアイテムが出現します。これらを活用して効率よく10を作り出し、ブロックをドンドン消していきましょう。  本作は対戦プレイにも対応しており、ブロックを消すごとに透明ブロックを相手に送り込めます。透明ブロックはゼロ扱いなので、最低でも二回のブロックを落とさないと消すことは出来ません。見た目は、地味ですがかなりアツイ対戦プレイが楽しめることは請け合い。たかが足し算とあなどるなかれ!
HOME