ProjectEGG

式鬼の刻 −中国編 第三章−

発売年
1992年
メーカー
コンパイル
機種
PC-9801
ジャンル
ロールプレイングゲーム
EGG発売日
2014-04-01
価格
無料

特典

PDFマニュアル

動作環境

Windows95 / Windows98 / Windows Me / Windows NT / Windows2000

解説

 『式鬼の刻 −中国編 第三章−』は、コンパイルのディスクマガジン『ディスクステーション98 #17』に収録されていたフィールド型RPGの第3弾です。  1999年に起きるといわれたハルマゲドン。人々はこれに対する防御策として“式鬼”という使い魔を研究していたが、この暴走により、日本は式鬼に支配されてしまったのである。後に“式鬼の刻”と呼ばれるこの時代の最中、主人公“宇都宮隼人”は人々を苦しめる式鬼集団首領であり、父でもある“龍王”を倒すため旅を続けていた。

 物語の舞台は日本の中国地方。島根レジスタンス本拠地の壊滅により、リーダーの妹・由美子が連れ去られてしまった。彼女を救うべく、西天鬼の屋敷に突入した隼人たち。群がる敵を倒しながら探索を尽くすも、すでに由美子は他の場所へ移された後だった。さらに隼人たちも、西天鬼の罠によって力を吸い取られ意識を失ってしまう……。

 ゲームシステムはオーソドックスなフィールド型で、マップに散開する敵キャラクターと接触するとバトル開始、コマンド選択による非常にわかりやすい戦闘方式です。物語を楽しむことに重点を置かれているので、ストレスなくストーリーを楽しむことができるでしょう。

 懐かしくも新しい世界観に加え、随所に織り込まれる和風テイストでプレイヤーを楽しませる本作、第三章では物語が一気にヒートアップして最終章へと繋がっていきます。第一章、第二章と続けてプレイし、式鬼の刻の世界をさらにお楽しみください。
HOME